1. HOME
  2. アドレス通商のメディアサイト
  3. お客様の声
  4. 株式会社セイノー情報サービス様

株式会社セイノー情報サービス様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社セイノー情報サービス様

セイノー情報サービスでは、情報システムだけでなく、クライアントに最適な物流サービスの提案と実行物流を取り扱っています。その実行物流業務はアドレス通商に委託しています。株式会社セイノー情報サービスの担当者に活用状況を詳しくお聞きしました。

企業名 株式会社セイノー情報サービス様
事業内容 付加価値データ通信(VAN)サービスの提供、コンピュータによる情報処理、ソフトウェアの開発・販売、他
取材日 2021年9月
株式会社セイノー情報サービス様

情報システムから実行物流サービスまで

セイノー情報サービス(以下SIS)について教えてください。

SISは1984年に西濃運輸電算室から分離独立し、今日ではセイノーホールディングスグループのIT戦略部門として活動しています。ロジスティクスをコア領域に、常に新しい技術を搭載した物流システムをグループ内外に展開しています。

「物流ITクラウド」と「物流業務クラウド」を軸に、お客様の業務環境に最適なソリューションを提供し、これまで培ったコンサルティング、IT構築、実行物流サービスの経験・ノウハウを最大限に生かしたロジスティクスアウトソーシングメソドロジーをお届けしています。
製造現場やグローバル展開など、高度なIT技術を駆使したSISのビジネス領域は、今も着実に拡大し続けています。そしてセイノーグループで培った物流現場力をご評価いただき、セイノーグループ以外の売上高が全体の6割超を占めています。

また近年はロボット、AI、IoTなどのデジタル技術の活用にも力を入れており、物流×ITを駆使したさらなる物流現場の改善、効率化に日々取り組んでいます。

さまざまな業種の物流サービスを担ってもらってもらう

SISではアドレス通商にどのような業務を依頼していますか。

株式会社 セイノー情報サービス 東京本社
株式会社 セイノー情報サービス 東京本社

SISは社名からわかるように情報システムを取り扱う会社ですが、それだけではなく、クライアントに最適な物流サービスのご提案とその実行物流を取り扱っています。
アドレス通商には、SISが受託した物流サービスを実行していただく、物流プロバイダーとして機能してもらっています。

具体的にはSISが受託した物流サービスにおいて、商品などの在庫・保管、出荷指示によるピッキングから梱包、流通加工、そして宅配会社による配送までの一連のサービスを依頼しています。入荷から出荷の指示などはSISが開発して各物流会社に提供しているCLOUD SLIMS(クラウド・スリムス)を活用しています。CLOUD SLIMSはSISの強みである3PL事業や物流改善コンサルティングの経験と多くのお客様への導入実績に基づく、豊富なノウハウが活かされたWMSです。

アドレス通商にさまざまな業種の物流サービスを一緒に担ってもらってもらうようになって、もう20年近くになると思います。

CLOUD SLIMSを物流会社に提供しているSISは数多くの物流プロバイダーとつきあいがあると思います。その中でアドレス通商に依頼される理由を教えてください。

アドレス通商と同様の物流プロバイターとのおつきあいは10社程度あります。さまざまな業種のクライアントがいる中で、SISは3PL事業として、クライアントにとってもっともよい提案をしていく立場になります。ですからシステムだけでなく物流の現場においても、クライアントにとってベストなパートナーを選択するように心がけています。

非常に細かな商品、取り扱いが難しい商品、アイテム数が非常に多い商品など、クライアントからの依頼内容は業種などによりさまざまです。そうしたご要望に対して、物流プロバイダーの得意とされている分野、当日欲しいというご要望、距離的・物理的な条件などを総合的に判断しています。
そんな中で幅広い取り扱いをされており、得意分野も多いアドレス通商は、物流パートナーの中でも占める割合が高い存在といえるでしょう。

1社からの依頼がグループ全体に拡大

SISがアドレス通商と取り組んだ具体的な事例を教えてください。

物流センターでの商品保管風景
物流センターでの商品保管風景

画材を専門的に取り扱うお客様の事例をご紹介します。
きっかけは、SISが出展した国際物流総合展にご来場いただいたのが始まりです。
その場で簡単な質問にお答えし、後日面談に伺いました。そこで物流における課題をお聞きして提案をすることになりました。

どのような悩みを抱えていらしたのでしょうか。

当時そのお客様はグループに所属する各社がそれぞれに物流を行っていました。
内1社が自社内で行っていた物流を外部に委託したところ、なかなか上手くいかない状況にあり、プロバイダーの変更を検討されているとのことでした。
取り扱う製品はマーカーや漫画用のトーンなど、いわゆる画材といわれるもので、アイテム数が多く、都内近郊が中心ですが納品先も多く、翌日の配達を希望されていました。
お話しを聞いて、これはアドレス通商が最適だと考えました。

物流サービスの提案を行うパートナーとして、アドレス通商が選ばれた理由をお聞かせください。

まず取り扱う商品が多品種・多品目で、出荷する際は箱単位ではなく、たとえばマーカー3本と画用紙10枚といったように細かな作業になります。送付先は小売店、販売代理店、一部海外もあるとのことでした。
クライアントの商品特性、物理的に近い拠点があること、国内だけでなく海外配送もあることなどを総合的に検討すると、アドレス通商しかないという結論になりました。アドレス通商が同じような種類の多い文具の物流で実績があったことも判断材料の一つになりました。 よくクライアントから、セイノーグループだから西濃運輸という提案をしてくると思われることがあります。私たちはクライアントにとってもっともいい物流プロバイダーを提案しています。

現在はどのような取り扱い量になっているのでしょうか。

お取引のスタートは同グループ内の1社とでしたが、SISとの順調な運用状態からグループ全体の物流をまとめてコスト削減を進めるプロジェクトが立ち上りました。
SISはそのプロジェクトにもアドレス通商と参加し、現在ではグループ全体の物流を取り扱うようになりました。現在、アイテム数は約1万点、納品先は700ヵ所、1日あたり8000を超える明細となっています。

SISを理解して、とてもよいレスポンスで対応

物流パートナーであるアドレス通商を評価していただけますか。

発送指示を表示するCLOUD SLIMSのデジタルサイネージ
発送指示を表示する
CLOUD SLIMSのデジタルサイネージ

1. レスポンスが早く、対応内容がSISにフィット

実はSISが一方的に業務を依頼しているわけではなく、アドレス通商はSISが提供するCLOUD SLIMSのユーザーでもあります。ですので、両者の関係が強固な物流パートナーといえます。
SIS のこと、CLOUD SLIMSの内容を非常によく理解していて、とてもよいレスポンスで対応してくれることを高く評価しています。
特に依頼に対してのレスポンスの早さ、そして対応内容がSISに非常にフィットしています。

2. 向かうべきベクトルに一緒に向かえる

SISでは物流DXへの取り組みを2年前から始めています。アドレス通商ではBRAIS領域への取り組みにも参加してもらっていますし、新しいツールができたときは現場で試したり導入してくれます。向かうべきベクトルに向かって、一緒に進んでいける物流パートナーとして高く評価しています。

オンでもオフでもよいパートナーとして

アドレス通商へのリクエストなどがありましたらお聞かせください。

SISでは企業対抗フットサル大会を開催しています。大会にはアドレス通商にも参加してもらっています。逆にアドレス通商ではパートさんの慰労を目的に各物流センターごとに夏祭りを開催しています。あまり他社の参加がない中、SISは毎年参加しています。
2020年、2021年は新型コロナウイルスの関係でこうしたイベント開催はできていませんが、仕事の場だけでなくオフの場においてもよいおつきあいができています。
今後ともSISの物流パートナーとしてよろしくお願いします。

株式会社セイノー情報サービス様、本日はお忙しい中、
貴重なお話をありがとうございました

関連サービス

ロジスティクスサービス

受発注、在庫管理や通販のフルフィルメントまで通販物流30年の経験が
あるからこその物流サービスを幅広くご提案可能です。

詳細ページへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資料請求・お問い合わせは、以下メールフォーム
またはお電話からお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

発送代行サービスのお問い合わせ

03-3877-3111

平日受付:9:00〜17:00

人材サービスのお問い合わせ

03-3803-7111

平日受付:9:00〜17:00