メーリングサービス

ケーススタディ

食品通販業者からの定番カタログの制作相談

食品類の通信販売の物流管理業務を委託されているお客様より、売れ筋商品を集めた「定番カタログ」の制作についてご相談を受けました。担当者が社長より制作を指示されたそうですが、自社で制作するにもノウハウを持った者は社内におらず、割り当てられた予算が少ないので困っておられました。
 当社は早速、日頃から接点のあるパートナー企業のコピー・ライターとフードコーディネーターを引き連れ、カタログ内の商品配置(どの頁のどの位置にどの商品を掲載するか)を決める“サムネイル作成”や商品撮影、各種商品のキャッチ・コピー・商品説明文の作成を担当者と一緒になって行いました。その結果、先方予定よりずっと短期間で、かつ費用も当初の予算内でおさめることができ、何よりも想定以上に素晴らしいカタログができたと大変感謝されました。

企画・制作段階から関与して郵便料金の大幅削減に成功

 これまで社内で封入・発送作業を行ってこられたある会員雑誌を発行されているお客様のケースです。社内の人員が減少する一方で発送部数が年々増えてきたため、封入・発送作業を社外に任せることになり、めでたく当社に白羽の矢が立ちました。ところが、当社に届いたお客様ご用意の雑誌や封筒を当社担当者が確認したところ、寸法や表記方法などそのまま発送したのでは規定外の郵便物扱いとなり、郵便料金が非常に高くつくことが判明しました。お客様に確認したところ、ここ数年はまったく同様の方法で発送物、封筒を製作して郵送していたとのことでした。郵便約款は複雑で分かりにくく、発送物や封筒類の製作に際しては専門ノウハウが必要になってきます。次回以降の会員雑誌の発送に際しては、当社社員が企画・制作の段階からお客様にアドバイスすることができたため、大幅な郵送料削減を実現することができました。

同封・同梱作業を機械化し入荷から発送までのリードタイムを大幅短縮

 

当社は大手出版会社の広告代理店になっており、、同出版社の発送物に同梱・同封して他社の品物を発送することができます。同梱・同封する場合は、別会社のものであることをわかりやすくするために、通常別途ビニール封筒等に封入を行います。このビニール封筒等への封入はやや特殊な形状のため別途手作業で封入作業を行っておりましたが、手間がかかるため、その分納品を早くしてもらう必要があり、いつもタイトなスケジュールでかろうじて発送予定日に間に合わせる綱渡りの日々が続いておりました。
このため当社の担当者は、どのような形状の品物でも機械ラインでラッピングできる方法を考案しました。それ以降、封入にかかる時間を大幅に短縮することができ、余裕をもって同封・同梱作業を行うことができるようになりました。

ページトップへ

  • お電話からのお問い合わせ

    今すぐご検討の方など、お気軽にご相談ください。

  • Webからのお問い合わせ

    各サービスに関するお問合せはこちら

    お問い合わせ